3年ぶりに学校現場に帰ってきました!

●学校現場に、ただいま帰りました!
事業は継続しつつも1月から私立高校に勤務させてもらってます!

その理由は
何よりも教員という仕事が自分に合っている
子どもに3年前とは違う何かしらの影響が与えられそうな気がする」から。

自分の事業やサービスを運営していく経験を経て 学校現場にいた時とは違う業務をすることが9割でした。
その経験が、教育現場で活用できるものだらけだなと。
(つまり、3年前はこの仕事をかわしながら生きていたんだなと痛感したんだけど笑)

0からサービスを作る企画運営力
自分の求める人材と会える人脈開拓能力
企業や地域と繋がる外部折衝能力
上記を0から資料作成に落とし込むパソコン技術

具体例を挙げていくとキリがないのですが、 一つ挙げるとすると
一番成長したのは圧倒的に 教育に対する考え方や姿勢です。

教育関係のイベントや対談を経て 情報を取り入れていくうちに
当時全力で生徒にぶつかっていたつもりでも
「これは感情論だったな」「こういう切り口が使えたら良かったかな」
とアイディアが溢れてきてまだまだ未熟だった自分に気づきました。

それはきっと、組織の一員として
ここぞという時に管理職や学年主任に意見を求め
協力してる感を出して自分の気持ちに蓋をしていたんだな、と。

自分ではそんなつもりがなかったけど
離れてみて初めて気づいたことでもありました。

新しいことにチャレンジしてみて、多くの経験を積ませてもらう中で
自分の中に心の底から芽生えた気持ちが
自分にしかできない教育を最前線でしたいでした。

その結論に行き着くまでの
裏側にある多くのもがいた経験や失敗談は
今後の記事にでもできればと思っています。

まだまだ一人の人間、教員としてやらなきゃならないことだらけなので
ひと回りも、ふた回りも成長できるよう肩ひじ張らずにチャレンジしていきます!

また改めて学校にいるそーさんをよろしくお願いいたします!!!

PSご要望はこちらまで
 ♯そーさんの教育研究日記公式LINE@ やってます!
記事の感想などいただけると、とても嬉しいです! 😛 

友達追加→スタンプを押してください!

↓↓QRコードからはこちら↓↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です