社長見学VOL.4@株式会社麓屋 麓 直樹社長

それでは本日はよろしくお願い致します。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
そーさん、こちらこそよろしくお願い致します。
雨の中お時間いただきありがとうございます。簡単でいいのですが、自己紹介をお願い致します。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
株式会社麓屋代表、麓直樹と言います。「覚えることが楽しくなる、学業サポートの専門家。スピード記憶トレーナーの麓直樹です。」と言って、いつもスタートしてますね。
教育者としてすごく興味のある、ツッコミどころ満載の業務ですね笑 業務内容は、どう言ったものになりますでしょうか??
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
とにかく、学業サポートということなのですが、「脳の使い方」というところですよね。 つまり世の中に、頭の悪い人はいないんですよ。 で、脳の使い方、頭の使い方を知らないだけで。それ気づいたのは、自分自身が脳梗塞を患った後ですね。 特に記憶力なんてのは、その人が本来持っているもので、言われて2日、3日でどうにかなるものではないと思っていたんですよ。 ところがどっこい、そうじゃないということに気づき。 これをみんながやったら、子どもたちが英単語を覚えるのも簡単になるし、漢字覚えるのだって簡単になるし。 つまり、世の中の試験と呼ばれる90%以上のものは、記憶力があれば、通過していけるんですよね。 だって、試験って知っているか知らないかですから。 特に、マークシートなんていうジャンルは、そこに正解があるわけですよ笑正解を、「これ正解じゃん笑」って見て分かれば、OKのレベル。 もう、ほぼほぼ記憶力でやっていけると。
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
そんで、記憶力ってすごく大切だなあ〜…と思っていて、そこに着目して。 多くの人の資格を取っていくだとか、学校に受かっていくっていうことは人生の一つのハードルに過ぎないかもしれない。 しかし、その小さな一つのハードルを越える、お手伝いが出来たらな、と思っています。
すっごい!! 私が学生時代に聞きたかった話ばっかりですね。今の事業を始めるきっかけは、どう言ったものだったんですか??
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
私、これと出会ったのは43の時だったんですけど、今から13年前の時です。 正直聞いて、半信半疑だったというか。 脳梗塞やって左半身麻痺して、喋れなくなって、皮膚感覚もなくて…ってところだったので。 うちの女房が、「【アクティブブレイン(脳を活性化する)】みたいな、こういうのがあるから受けてみたら?」って言ってきたんですね。 それでチラシを見てみたら、「記憶力が良くなります」みたいなこと書いてあるんですよ。 絶対騙されてるだろ、胡散臭すぎ笑と思っていたんですが、病気のこともあり今後を考えて受けてみたら、目から鱗だったと。 小・中・高と、「記憶の仕方」について、学校では学ばないんですよね。塾もそうですけど。「知識」は教わります。 教わるんですが、「覚えときなさいね。」とか「来週試験あるからね。」で終わるんです。 つまり、覚え方って教わらないんですよね。それに気づき、どんどん脳の使い方を学んでいくと、最近脳の使い方についていろんな文献や学説があることに気づきました。 脳ってのは、使えば使うほど進化していくんですよね。発達していくんです。
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
今までは、1日10万という単位で脳神経細胞が死んでいって、でも、人間には何千億っていう脳神経細胞があるから、死ぬまでは使えますよね。 っていうのが、昔の学説でした。 そうじゃなくて、今では歳を取っても、70、80歳過ぎてからも脳は使えば進化しますよね。ってことがわかってるんです。 だから、もうどんどん使って行ったらいいんだなあ、ということがわかっていったと。それで、実際に使って行ったら脳梗塞をやっていたことであった不自由があったと。 それがどんどん治っていくわけじゃないですか!!でもね、死んだ脳って治らないんですよ。残念ながら、実は。 しかし、死んだ脳を、脳神経細胞がバイパスで繋いでくれるんだよね。 バイパスが死んじゃった細胞を飛び越えて、次の細胞に繋いでくれる感覚。
ふむふむ、なるほどお。(←全然わかってないww)
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
ですよね。 で、これはすごいなあと思って、しかしその時私は、すごく忙しい仕事をしていて、国会議員の秘書をしていたわけですよ。 で、国家公務員特別職というところにありまして、そうするとね、副業とかもできないし、自分の時間が自由にコントロールできなかったので、ちょっと温めていた感があったんですよね。 そしたらですね、平成28年3月26日心肺停止を経験しました。
え〜〜〜。(←もうワクワクして訳わかんなくなっちゃってるww)
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
ね、もう心臓止まっちゃって。 でも私めちゃくちゃ強運なんで、倒れたところに、医者と看護婦がいたと。 その場で心肺蘇生やマッサージをしてくれて、AEDがあったので使って、それで救急車で運ばれて。 運ばれた病院で「本当、奇跡ですね。」と言われて、調べたら手術しましょうということになり、心臓を9時間半いじるという大きな手術を経て、でこの世に戻ってきた、と。
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
そうした時に、新しくもらった命の残りの時間をどうしようかと思った時に、「そうだ、今までの国会議員の秘書はもう辞めよう。卒業しよう。 そして自分の命を子どもたちや、自分の時間を使って挑戦している人たちの夢を叶えるサポートに使おう!」と、思った訳ですよ。 それで、起業しました。
そうでしたか。その辺のドラマより、数段面白い壮絶な話ですね。そんな流れがあったとは。じゃあ、2度の健康を崩したというところをきっかけに、いろんなものに出会えたんですね。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
そうですね、だからお陰さまで心肺停止です。笑 あと、本当に命の時間って延ばせないんですよ。もう、運命があって。 そのタイミングで死ぬしかない。 でも、「生きてる間の時間を有効的に使う」ということは「命の時間を延ばしている」ことと一緒。 たぶん、この脳の使い方を知ると、今まで「5時間かけていたことが2時間でできる。」 そしたら、3時間命が延びたのと一緒ですよ。 その3時間、他のことできるんだもん。基礎勉強とか、それに3時間かけていたのが1時間でできるようになったら、残りの2時間応用に使えばいいじゃないですか。 だから、もう本当に命が延びたのと一緒なので、早いうちにみなさんがこれを仕入れたらいいと思います。 ずーっと使えるもんですから。
それは凄い。画期的ですね。 凄い人生ですが、麓社長の経営者としての強みと、逆に弱みみたいなものがあれば、教えていただけますと幸いです。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
政治家の秘書をずっとやっていたもんで、特に経営者的な感覚とか、あるいはその…PL(損益計算書)みたいなものは、勉強していなかった訳ですよ。 損益分岐点が、どうのこうのとかはね。そういったものは、私の周りにいてくれる仲間が、全部やってくれることに気付いた。 税理士さん頼むとか、経営のコンサル頼むとか。 それで良いよね、と。 そして、自分自身の強みというのは、変な言い方だけど、倒れていく自分の後ろ姿を見るという経験はほとんどの人がないと思うんですよ。 死んでいく自分の姿を見て、そしてこうやって人って死んでいくんだってことを知っちゃったらですね、なんか、「生き方」についてかなり考えるようになりましてね。 命の時間が大切って感覚がみんなにあると思うんですけども、じゃああなた体験したの?って。 なので、自分自身は「命の時間の大切さ」を、本当に伝えられると思っています。 これは、かなり強みではなかろうかと思いますね。 脳の使い方にしても、脳梗塞を経験して、シャワーを当てても、お湯が当たっている感覚がしないとかね。そういうことを知っていると、本当に脳をうまく使うと、人はもっとうまく生きられる感覚がわかっているんですよね〜。
それは麓社長にしかできない経験ですね。というか、どちらかというと一般的にはしたくない経験というか笑
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
まあそうだよね笑 そんで、昔勉強できていたかって言うと、私は実は勉強はしていたんだけどなかなかそれが成績に反映できない子で、 高校3年生の夏には、下から数えて7番目くらいの、振るわなかった子なんですけど。 でも、それはね、点数の取り方がわからなかっただけ。わかってからは、90日で行政書士受かっちゃってるんで。 「やり方なんだなあ!!」ってのがわかった感じ。 これを子供達に伝えちゃったら、絶対楽チンだよねって思ってるんだよね。 そう言うのも強みかなあ。体験してますよね。
実績で出るのは、素晴らしいことですよね。 いま、90日で行政書士合格っていうお話が出ましたけども、他にどんな実績が出ているんですか?? すごく興味があります。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
私自身は漢字検定準1級持っているんですが、準1級を取得するに当たって紙と鉛筆をほぼ使ってないです。
え!?そんなことできるんですか??
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
紙と鉛筆を使って覚えるということは、非効率です。 それを知らずに、皆さん、わからない漢字があったら、ノートにいっぱい書きなさいって教わるんですよ。 なぜかっていうと、先生は記憶の仕方を知らないから。実際に書いたって、我々大人は結構な人が、漢字は書けなくなってる。 でしょ?便利グッズが出てるのもあるんだけど。やり方が全部違う。 これって本当にね、義務教育にあってもいいと思っていて…政治家やってたので市長さんとか組長さんとかお友達がいるんですけど、「予算が…」とかいう訳ですわ。 私だってこれ、限りなく安い値段でやっているんですけども、ボランティアじゃないのでね。 やっぱり経営者として、会社を回さないといけないので。多少頂かないといけない。 でもその多少が、公立ってなかなか出ないですよね。私立だとわかってくれるんだと思うんだけど、それを今回乗り越えていきたいと思うんだけれども。 あと、実績というところでいうと資格試験を通るというところではかなり有効なので、行政書士さん…何人も受かったと言ってきてくれています。 公認心理師さん…国家資格になって1回目、合格しましたとお礼言われました。1級建築士さん…合格しました。 そういう意味では、去年から今年にかけて、「合格しました、ありがとうございます。」という声はたくさんいただいておりますよね。
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
それから、中学3年生の生徒が、夏にレッスンを受講して、担任に面談で難しいと言われた志望校に合格しました。 彼は、「僕の人生の道を変えてくれてありがとうございました」という言葉をくれました。 そういう実績があります。
聞いてると脳の使い方は一番大切な教育かもしれませんね。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
人間力向上に直結するんですよ。本当に。 最近思っているのが、こういう教育をして、人を成長させると思っていたんだけども、全然そういう感覚じゃなくって、「人を変える」って感じですね。 「教育って人を変える」ものだなあって思いました。 人を成長させるってよりも。もう、バーンって変わっちゃうんだもん。 やっぱりね、そうなると、勝手に勉強して勝手にやりだすのよ。 「ああ、成長ってさせるもんじゃなくて、その前のキッカケを作るものだなあ」って。 人材教育とか、人間力向上とか言ってるけど。やっぱりこう、最近は伸ばすものというか、変えるものだって認識を持っていますね。
んー。すごく共感します、今の話。 今教育の話が出たのですが、今まで、中3の男子のように「僕の人生を変えてくれてありがとう」じゃないですけど、受講生に言われてすごく印象に残っていることや、受講生を変えるまでにすごく大変だった経験はありますか??
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
ありますね。 このレッスンって、小学校5年生から受けられるんですけど、上はね…ある意味無限大なんですよ。 83歳までやったことあるんですけど。その中の65歳で定年を迎えた男性が、「今から俺の人生が変わった!!」って言ってましたね。 これはかなり印象的でした。 65過ぎですよ、もう仕事も辞めてるんです。その彼が、今から俺の人生が変わったって言ってるんですよ。 それで、「20歳の時に出会いたかった」とも言ってました笑それもよくわかる笑
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
あとね、これは痴呆がかなり進んでいたお母さんが、「こんなに楽しかった2日間は今まで経験したことがない」って言いながら、私の手を握ってボロボロ泣いていたりだとか。 号泣するって場面も何度も出会っていて、「今まで不安だったことが、不安に思わなくていいんだ。と自信が持てた。 私はやれるんだ」と思った、と。
確かに、「不安に思っていたこと」が「あ、これできるんだな」と分からせることにやって、自信を持たせることができるっていうのは、すごいことですよね。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員


麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
そうなんですよ。 いま、そーさんも気づいていると思うんですけど、これ実はお父さん、お母さんに子供と一緒に受講して頂きたいんですよ。 親子で受けると、もう激変します。何が変わるかというと、家庭内での「共通の言語」ができるんですよ。 家庭での会話が変わります。 もっと言うとね、脳の使い方が変わるんだけども…保護者の方は言うんですよ。 「集中して勉強しなさい」「ちゃんと勉強しなさい」「テストでは国語頑張りなさいね」「90点以上取ってきなさいね」とか。 それね、ムダですから。
ふふふふふ〜(激しく同意ww)
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
それがムダだと気づいていない親は、まさに受けてほしい。 脳の使い方を間違っている。 「集中して勉強しなさい」と言う親御さんに問いたい。 「集中するやり方知ってますか?」「どうやったら集中できるんですか??」と。 それを子どもに伝えなかったら、子どもは集中できませんよ。 それから始まって、山のように、そう言う間違った子どもの導き方を直していきたい。だから、一緒に受けて欲しいと言っています。
確かにそうですね。保護者が一緒に受講すると、何か料金的な特典なんかもあるんですか??
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
あります。 グループペア割制度といって、ひとりあたり3000円割引になります。これ2日間で38000円かかるんです。 それが35000円で受講できます。
お得ですね。2人で受講すると70000円。下手な塾や予備校、コンサル受けるより安いですね。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
と思いますよ。 塾行くのはいいですよ。いろんな知識を教わると言うことは尊いです。 ただ、その知識が正確にアウトプットできなかったら意味がないじゃないですか。 覚えたことを正確にアウトプットするには、記憶なんですよ。 逆に言うと、正確にアウトプットできないと月謝が勿体無いですよね。 来年度、資格の学校の大手企業で全国展開している東京LECさんとコラボさせていただくんですけど…麓屋と東京LECはコラボします。
それはすごい実績ですね。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
ありがたいですよね。   そう言う資格学校って結構いっぱいあるんですよ。その中の大手ですからね。
麓さんって、幼少期はどんな子だったんですか??
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
めちゃめちゃ引っ込み思案でした。 前に出るのが好きではなくて、ある意味おしとやかで、静かーにしているような生徒でした。 でも、「この子の本質、こうじゃないよね」って、人前に出るのが嫌いな私を学級委員にしたのが、小学2年生の時の担任のイマザワ先生でした。 そこから人前で喋れるようになりました。今では人前で喋ることを商売にしてますので。 ある意味、イマザワ先生が恩人だと思っています。当時の麓直樹さんは、こんな仕事をするとはこれっぽっちも思っていなかったでしょうね。 すごい先生との出会いでしたねでしたね。イマザワ先生も、僕を「変えた」んですよ。「その子を変える」と言うことが、めちゃめちゃキーワードになってると思います。
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
あとは、運動も好きでしたね。 かけっことかも早かったので。今は、48で始めた卓球にハマってます笑 新宿に卓球できるところあるのかな?? 48で新しく卓球を始めようというエネルギーも、脳から来ているんでしょうね。 脳のスイッチですよ。 そーさん、脳のスイッチってなんだと思いますか?
好奇心!!(ドヤ)
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
そう、好奇心です。 そういうことも、レッスンで教えている。そのレッスンって、実証済みのものばかりなんですね。 「ふーん、そうなのかあ。」で終わるのではなくて、「できた!やったー!!」 って分かりながら進むので、いわゆる机上の勉強とは違います。ワークしながら進めていきます。
参加者にとって、「できた」っていう経験は大切ですよね。 その実感が早いっていうことがとてもすごいと思います。 今大学の入試制度が変わってきたり、企業採用も答えを知ってる人間よりも考えられる人間が求められていてます。教育も思考力・判断力に重きを置いていますが、記憶とのコラボはどんなところでできそうですか??
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
思考力…私も危惧するところなんだけど。 あまりに日常に便利グッズが溢れていると思うんです。ウィキペディア見たら、答え書いてあるんだもん。 その答えを手に入れるための論理や思考を、しなくなってきているよね。 昔はその答えを導き出すのに、図書館に通ったりだとか、知ったてる人に聞いたりだとか、またその情報から百科事典を引いたりだとか。 そういうことが必要だったんですよ。今は、それがスマホの中に全部入ってますから。 だから、非常に危険。もっと言わせてもらうと、見て、わかって、お終い。それ、あなたの知識じゃないですから。自分の知識にしたり、体験ににしたりするってのは、全然違うものなんですよね。 現代人はそれをおろそかにしているのが、非常に危険。思考力は大事なんだけど、そのベースにあるのは「記憶力」なんです。
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
つまり、思考というのは、データーベースをどうつなぎ合わせていくのか、新しい情報と、自分の過去の経験、体験から切ったり、貼ったりして、新たなものを生み出していく。 それが思考なんですね。 データーベースが1個しかない人が、「思考しろ」と言われてもできないんです。だって1個しかないんだもん。 だから、考える力というものも、非常に密接に関わっています。記憶力を鍛えると、発想力が飛躍的に上がるんですね。また、集中力も上がります。 なぜかというと、記憶に必要だからですよ。 それがわかってなくて、発想力ってどう鍛えます??集中力ってどうやって鍛えます??記憶力を鍛えてくださいよ。 とまあ、そういう話。
なるほど。当たり前っちゃ当たり前の本質的な部分ですね。これは指導する際のヒントになります。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
脳って一つしかないけど、中でいろんなことしてるんですよ。 1部分を鍛えると、全体に広がっていくんで。怖いのは、見てわかるって作業は、脳を使わない作業なので。 それは怖いですね。まあ、いいじゃん。便利なんだし。でも、この作業を試験中にやると「カンニング」って言われるんですよね。 実生活に便利グッズを活用して自担につなげる工夫をするのはいいと思いますけど、試験では通用しないですもんね。 でもそれを、実生活で学ぶ必要があるんですよ。普段から、そういう脳の使い方をしていると、それが試験でも役立つという話。
なるほどですね。記憶力と思考・判断力に相関関係があるんですね。 その力を伸ばそうとする学校の先生に教育界の情報しか入ってこないし、閉鎖的な空間と言われることが多いのですが、麓社長が学校の先生になったら、どういったことしたいですか??
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
私が先生になったら…面白いこと聞きますね笑 まず、小さい子は遊ばしときゃいいなって思う。 そして、一番大切だと思うのは子どもって伸び代が無限大なので、「僕、これがやりたい」と言わせたい。 そうは言っても、苦手があるわけでしょ?あえて苦手というけど。 英語なんて、コミュニーションツールでしょ?アメリカにいたら、犬でも理解してるんだよ。笑 だから我々日本人が英語できないはずがないのよ。でも、中・高・大やって活用ができないって、コミュニケーションツールとしては、破綻してるよね。 こういうのも、できるようになるのよ。
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
面白い話があって、うちの娘は英語話せなかったのですよ。 もうテストでいうと、赤点、赤点。笑 でもね、彼女は英語かわかると自分に入ってくる情報量が増えるってわかって、英語を理解したくなったんです。 インターネットでお案じようなことを調べても、英語で検索するとはるかに多くの情報が入ってくるからね。 それに気づき、まずどうしたかっていうと、カナダに行ったんですわ。英語語学学校に。 観光ビザで行ったんですけど、観光ビザで行っている3ヶ月の間にワーキングホリデイに切り替えて、その間も英語学校に行ったんですけれども、途中で辞めた。 「なんで!?英語勉強しに行ったんじゃないのか??カナダまで行って英語学校入ったのに!!」って聞いたら、「あんなところにいたら英語なんか喋れるようにならない」と。 つまり、カナダで英語学校に行ってる人って英語ができない人ばっかりなんですよ。 英語ができない人の中に自分がいたら、英語ができなくなるから、と言って、野に放たれました。笑 野に放たれて、ホームステイ先を3件、4件と変えて、ワーキングホリデイがそろそろ切れるから、「日本に帰ってくるのか?」と聞いたら、「現地の会社に就職した」と。 今度は就労ビザで、さらに2年だと。
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
そしてそして今度は、その現地の会社の新しい店を出すから、そこのマネージャーになると。 彼女のFacebookは、今では全部英語のものと、日本語のものに分かれてますよ。 これがね、高校の時に30点とかとってた子ですから。だから、伸び代無限大って、そういうことですよ。そういう教育をしたいですね。 だって、あれだけ英語を勉強して、今娘のように英語ベラベラかというと、そうじゃないですからね。 そういう風に、みんな自分の目標や人生を掲げながら生きていく人生に、脳の使い方を絡めて教育していきたいですね。という感じですね。
素晴らしいですね。 娘さんに怒られる前に、この辺にしときましょう。 本日はありがとうございました。
そーさん/起業家教員
そーさん/起業家教員
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
麓社長:スピード記憶トレーナー®︎
そうだね笑

ありがとうございました。

終わりに 株式会社麓屋 (講座のほかに、体験セミナーなどもあるそうです) 興味のある方はコチラ株式会社 麓屋 オンラインページ PS ♯起業家教員公式LINE@ やってます! 登録後スタンプを押してください!

↓↓QRコードからはこちら↓↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です