vol.3【教員×会社経営】藤野悠介さん

:なるほど。僕は脳みそ筋肉系なんで、ポイント制をゲーム感覚で積み上げていくとか、文法の難しいことよりも発音して褒められたほうが確かに好きになりそうです。そういう自己肯定感から英語喋ってみようってなるんでしょうね。

:保健体育でしたもんね。バスケットですよね?スラムダンク世代ですか?

スラムダンクの後にバカボンドとかリアルとかも買ってて、井上雄彦先生の個展とかに行こうとしたら妻に「わざわざそこまでする?」って言われたりとかしてますよ笑

:そうなんですね。笑 
井上雄彦先生って、漫画の売上金を奨学金制度にしてバスケットの普及に努めてたりとか、ほんと漫画家とは違うような社会貢献してますよね。

この社長を見学で対談するのも夢の1つです。
そういえば藤野さんの死ぬまでにやりたい100の事、達成していることも多くて
本当にすごいですよね。(参考記事:藤野が死ぬまでにしたい100のこと)

:そんなマニアックな記事まで見てたんですか!?笑
ありがとうございます。

書くってやっぱりすごく大事ですね。
今まで忘れてたけど、そういう風に誰かに見られていると言う意識も大事なんでしょうね。やらなきゃいけない、みたいな。

超恥ずかしい。本の出版とか海外に行くとかも書いてあったなぁ。

そういえば僕、再来年海外行くかもしれないんですよ。妻も英語の教員なので英語しゃべれるし、何ならアメリカに4年間住んだ経験があって僕よりうまいので。

:すごいですね‼︎「奥さんのホームステイ先に行く」も、100のことに書いてありましたね。

:あったね笑 

やっぱり僕も、なんかねー…書くのが好きなのかなぁ??
根暗なんですよね、多分。

だから書いて表現みたいな。

:なんかそこは似ているかもしれないです。書き始めてから気づくこととか、大人になって気づくことも多いですよね。明るく振る舞ってるけど、実は。みたいな。笑

:僕は暗い方だと思いますよ。だから職員室でも明るく活発に話すってよりかは淡々と仕事終わらせて先帰っちゃってる。笑

そんで、やりたいことやってたら今みたいな感じになっちゃいましたね。
でもいつかは何かを捨てなきゃいけないのかな〜と思いながら生きてますけど。


Follow me!

vol.3【教員×会社経営】藤野悠介さん” に対して1件のコメントがあります。

  1. 加藤駿 より:

    めっちゃ面白いです!また話聞かせてください!

    1. So Nakagawa より:

      ありがとうございます!
      励みになります!またよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です